じぶん銀行カードローン徹底解説 メリットや特徴とは?

☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

じぶん銀行でお金を借りる方法として、カードローンがあります。じぶん銀行のカードローンを利用するとどの様なメリットや特典があるのでしょうか?ここでは、じぶん銀行のカードローンについて詳しく紹介をしたいと思います。

特に

  • スキルアップの為、勉強を今すぐ始めたい方
  • 趣味を見つけた為、道具を購入したい方
  • 給料日前でお金は無いが、遊びに行きたい方
  • 結婚式に招待されてお祝い金が必要な方

などの理由に当てはまる方は、最後までこの記事を読んで参考にしてみてください。

※非常に長い記事になっていますが、⑤じぶん銀行のカードローンを利用するのに適している人は?のところまで読めば、大体の内容がわかるようになっています。⑤以降は徹底的に知りたい方のみ、読み進めてください。

じぶん銀行カードローン
http://www.jibunbank.co.jp/pc/ld/loan2/

スポンサーリンク

1312-%e3%83%8a%e3%83%93%e3%83%8a%e3%83%93%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0300x250-04

①じぶん銀行の申し込みに必要になる書類とは?

じぶん銀行のカードローンを申し込む時に必要になる書類をまとめてみました。借入する金額によって提出する書類が変わってきます。

申し込み時に必要となる書類は下記の通りです。

  借入可能上限額
300万円以下 300万円以上
じぶん銀行口座を持っていない場合 本人確認書類 本人確認書類(収入を証明出来る書類)
じぶん銀行口座を持っている場合 収入を証明出来る書類

※審査の内容によっては収入証明書が必要になる場合があります。

本人確認書類

本人確認書類は、以下の4つから選びます。

■運転免許証
表と裏面のコピーを提出します。注意点は有効期限内になっているか確認をしてください。また、現住所が記載されているものを提出します。

■各種健康保険証
1.カード型健康保険証
表と裏面のコピーを提出します。裏面に現住所を記載されているものを提出します。

2.紙の健康保険証
氏名、住所、生年月日が記載されているページをコピーして提出します。現住所が記載されているものを提出します。被扶養者の場合は、自分の名前が記載されているページについてもコピーを提出してください。

■パスポート(日本国発行のみ)
写真、旅券番号、現住所、外務大臣印が記載されているページをコピーして提出します。必ず住所欄に現住所が記載されているものを提出してください。また、有効期限内か確認をしてください。

■住民基本台帳カード(顔写真付きで共通のロゴマークが入っている、コードが付いているもの)
表と裏面のコピーを提出します。必ず、有効期限内か確認をしてください。また、現住所が記載されているものを提出してください。共通のロゴマークが無いものやQRコードが付いていないカードは利用する事が出来ませんので注意して下さい。

※本籍地や免許証の条件欄に記載されている情報(眼鏡など)は必要ありませんので、黒く塗りつぶすなどしてください。

本人確認書類(外国籍の方)

■在留カード
表と裏面のコピーを提出します。必ず有効期限内か確認をしてください。また、在留資格が永住者と記載されていることが条件です。

■特別永住者証明書
表と裏面のコピーを提出します。必ず有効期限内か確認をしてください。

■外国人登録証明書
表と裏面のコピーを提出します。必ず有効期限内か確認をしてください。また、在留資格が永住者と記載されていることが条件です。
※センシティブ(機微)情報は不要です。

収入を証明できる書類

■源泉徴収票(前年度分)

■住民税決定通知書(前年度分)

※上記の書類が用意できない場合は、最新の3ヶ月分の給与明細書を提出しても構いません。
※勤続年数が1年未満の方は、1ヶ月分の給与明細書の提出で構いません。
※個人事業主の方は、確定申告書控えのコピーも提出してください。税務署の受付印がある書類が条件になります。

書類の提出方法

■スマートフォン、パソコンでの提出
審査結果回答後、専用フォームにログインをして書類を提出します。

■郵送での提出
返信用封筒をパソコンからダウンロードしてA4サイズに印刷をして封筒を作成してください。
※封筒の裏面には住所と氏名を忘れずに記載してください。

■FAXでの提出
書類の余白に携帯電話番号を記載してください。
コピーする際は、印字は薄め、拡大(200%)がお勧めです。
FAX送信時は、高画質に設定することをお勧めします。

②じぶん銀行とはどの様なカードローンやサービスなのか

じぶん銀行は、KDDIと三菱東京UFJ銀行が共同出資して2008年に設立したインターネット銀行です。主なサービス内容は円預金、外貨預金、FX、カードローン、ケータイ番号振込などがあります。また、ネット銀行だからこそ万全のセキュリティ機能が整っております。

スマホ認証サービス

じぶん銀行スマートフォンアプリで利用することが出来ます。振込取引などのインターネットバンキングによる取引をスマートフォンで承認を行なうことで犯罪者からの不正送金被害を防止することが出来ます。ご利用手数料は無料です。

インターネットバンキングロック

インターネットバンキングへのログインはロック機能の設定が出来るので、フィッシングによる被害を防止することが出来ます。

ロック

ATMで現金を出す場合や残高照会をロックしておきます。取引を行なう時にロックを解除することが出来る安心機能です。

振込・出金限度額を自由に設定

1回あたりと1日あたりの振込限度額とATM出金限度額をスマホやパソコンで自由に設定することが出来ます。普段は利用限度額を低く設定しておけば万一不正取引に遭われた場合に被害額を最小限に抑える事が出来ます。

③じぶん銀行のカードローンを利用する時のメリットとは?

じぶん銀行のカードローンはどの様なメリットがあるのでしょうか?ここで紹介をしたいと思います。

1:即日融資が可能

じぶん銀行のカードローンは最短でその日のうちに口座へ振り込みを行う事が出来ます。ただし、審査の結果によっては即日融資が出来ない場合があります。

2:おまとめ・借り換えも出来る

他社で借りているカードローンやキャッシングをおまとめや借り換えをする事が出来ます。最大で800万円まで利用が可能です。おまとめや借り換えをする事で毎月の返済額が軽減されるので返済計画が立てやすくなります。

3:手数料完全無料

じぶん銀行のカードローンは、ご利用時間・ご利用回数にかかわらず、ATMの手数料は完全無料で利用出来ます。またお金の借り入れ・返済は全国のATMで365日いつでも手数料無料で利用する事が出来ます。利用可能なATMは、三菱東京UFJ銀行、セブン銀行、Enet、ローソンATM、ゆうちょ銀行になります。

4:auユーザーなら金利が優遇される

じぶん銀行のカードローンは金利が2.4%~17.5%(年率)となります。auユーザーなら誰でも金利が年0.1%優遇されます。

5:書類の提出は原則不要

じぶん銀行のカードローンは、限度額300万円までなら収入証明書は不要になります。また、じぶん銀行口座を持っていれば本人確認書類の提出も不要です。わずわらしい書類の提出が無く、申し込みから契約までインターネットで完結する事が出来ます。

6:毎月の返済額は1000円から!

じぶん銀行のカードローンは、毎月の返済額は1000円から返済することが出来ます。(年率9%の場合)初めてカードローンを利用する方でも無理なく返済をする事が出来ます。

④じぶん銀行のカードローンを利用する時のデメリットとは?

じぶん銀行のカードローンはどの様なデメリットがあるのでしょうか?ここで紹介をしたいと思います。

1:金利がやや高め

じぶん銀行のカードローンは金利が2.4%~17.5%(年率)となり消費者金融並みになります。銀行系のカードローンとしては金利がやや高めに設定されています。

2:申込方法はインターネットのみ

じぶん銀行のカードローンは、申込み方法がインターネット以外は対応していません。店舗を持たないのでパソコンやスマホが無い人は利用する事が出来ません。

⑤じぶん銀行のカードローンを利用するのに適している人は?

じぶん銀行のカードローンを利用するのに適している人はどんな人でしょうか?ここで紹介をしたいと思います。

1:auユーザー

じぶん銀行のカードローンを利用するのに適している人は、auの携帯電話を利用しているauユーザーになります。auユーザーの人がじぶん銀行のカードローンを利用した場合、通常の金利より0.1%優遇されます。また、他社からのカードローンから借り換えをした場合は、0.5%の優遇になります。仮に100万円を借り換える場合は最大金利が12.5%となり効率よく返済が出来ます。

2:主婦やパートの方

じぶん銀行のカードローンは、正社員だけではなく、主婦やパート、アルバイト、年金受注者の方でも条件を満たしていれば申し込みを行う事が出来ます。じぶん銀行のカードローンは幅広い方々が利用する事が出来ます。

じぶん銀行カードローン
http://www.jibunbank.co.jp/pc/ld/loan2/

~以降は非常に細部わたって解説して行きます。興味がある方のみ読み進めてください。

⑥じぶん銀行と他社の金利比較

じぶん銀行のカードローンの金利と他社のカードローン・キャッシングの金利を比較してみました。

業種 会社名・サービス名 金利
銀行 じぶん銀行 2.4~17.5%
業種 会社名・サービス 金利
銀行系 みずほ銀行カードローン 4.0~14.0%
楽天銀行スーパーローン 4.9~14.5%
イオン銀行カードローンBIG 3.8~13.8%
消費者金融 アコム 3.0~18.0%
プロミス 4.5~17.8%
モビット 3.0~18.0%

じぶん銀行のカードローンは、他社の銀行系カードローンよりも金利が高い事が分かります。融資額が少ない場合は金利が高くなってしまうので、他社のカードローンも検討しておくといいかもしれません。

じぶん銀行のカードローンは、消費者金融のキャッシングと比べると金利はほとんど同じになります。融資額が少ない場合は消費者金融でキャッシングをしても金利の差はほとんど変わりないので状況に応じて銀行のカードローンまたは消費者金融のキャッシングを選ぶようにしてください。

⑦じぶん銀行と他社の限度額比較

じぶん銀行のカードローンの限度額と他社のカードローン・キャッシングの限度額を比較してみました。

業種 会社名・サービス名 限度額
銀行 じぶん銀行 10万~800万
業種 会社名・サービス 限度額
銀行系 みずほ銀行カードローン ~10万~1000万
楽天銀行スーパーローン ~10万~500万
イオン銀行カードローンBIG ~30万~800万
消費者金融 アコム ~1万~500万
プロミス ~1万~500万
モビット ~1万~800万

銀行系のカードローンと消費者金融のキャッシングの限度額を比較すると銀行系のカードローンの方が限度額が多い事が分かります。消費者金融は年収の3分の1までしかお金を借りる事が出来ません。(総量規制という法律の為)その為、仮に消費者金融のキャッシングで500万円の融資を受けたいと思った場合、年収が1500万円ないと借入する事が出来ません。

じぶん銀行や他の銀行系カードローンは総量規制は適用されませんので年収の3分の1以上の融資を受けることが出来ます。融資額を多く借りたい方は、銀行系のカードローンをおすすめします。

⑧じぶん銀行と他社の申込方法比較

じぶん銀行のカードローンを申し込む場合は、インターネットからのみ申し込み以外は出来ません。ここでは、他社のカードローンやキャッシングの申し込み方法についてまとめてみました。

業種 会社名・サービス名 申込方法
銀行 じぶん銀行 スマートフォン
パソコン
業種 会社名・サービス 申込方法
銀行系 みずほ銀行カードローン スマートフォン
パソコン
郵送
電話
窓口
楽天銀行スーパーローン スマートフォン
パソコン
イオン銀行カードローンBIG スマートフォン
パソコン
消費者金融 アコム

スマートフォン
パソコン
郵送
無人契約機
電話

プロミス スマートフォン
パソコン
郵送
無人契約機
電話
窓口
モビット スマートフォン
パソコン
郵送
無人契約機
電話

じぶん銀行のカードローンの申込方法

じぶん銀行のカードローンの申込方法は、インターネットからの申込のみとなります。

・スマートフォン
・パソコン

のどちらからでも申込が出来ます。

スマートフォン、パソコン

1.スマートフォンまたはパソコンからじぶん銀行の公式ホームページへアクセスします。カードローンの「新規お申し込み」をクリックすると申込フォームが出てくるので情報を入力します。勤務先の確認として、勤務先に電話が掛かってきます。

2.審査結果は、電話またはEメールで案内が来ます。

3.契約に必要な書類を送付します。書類の送付は、スマートフォン、パソコン、郵送、FAXのすべてで送付が出来ます。契約内容は電話かEメールで確認をします。手続きは以上で完了となります。
※じぶん銀行の口座を持っている方は、本人確認書類の提出は原則不要となります。
※ご契約金額が300万円以下の場合は、収入証明書の提出は原則不要となります。

4.契約手続きが完了後、すぐにお金を借り入れすることが出来ます。お金の借り入れは、銀行口座への振込またはATMから借り入れすることが出来ます。ただしATMからの借り入れはローンカードが郵送で送られてきてからでないと借り入れすることは出来ませんので急いでいる方は、銀行口座への振込による借り入れをおすすめします。

じぶん銀行のカードローン最短審査時間・最短融資時間

じぶん銀行のカードローンは、最短で即日融資をすることが出来ます。カードローンの申し込みをしてから早ければ当日中に審査結果の連絡があります。審査を通過すればすぐに融資を受ける事が出来ますが、銀行口座を持っていない方は、振込サービスを受けることが出来ませんので即日融資は出来ません。

もし急ぎで融資をしたい場合は、じぶん銀行のカードローン審査に申し込みを行う前に銀行口座を作っておいてください。

⑨じぶん銀行と他社の最短審査時間、最短融資時間比較

じぶん銀行のカードローンは、最短で即日審査結果が分かり、融資を受けることが出来ます。ここでは、他社のカードローン、キャッシングの最短審査時間、最短融資時間を比較してみました。

業種 会社名・サービス 最短審査時間 最短融資時間 10秒簡易審査
銀行 じぶん銀行 当日中 一週間※1
業種 会社名・サービス 最短審査時間 最短融資時間※4 10秒簡易審査
銀行系 みずほ銀行カードローン 当日中 一週間※2
楽天銀行スーパーローン 当日中 当日中
イオン銀行カードローンBIG 当日中 4日※3
消費者金融 アコム 30分 最短1時間
プロミス 30分 最短1時間 3秒お借入診断
モビット 当日中 当日中

※1 じぶん銀行のカードローンは、じぶん銀行の口座を持っていれば最短で当日中に融資を受ける事が出来ますが、口座を持っていない場合はローンカードが郵送で送られてくるので一週間掛かってしまいます。

※2 みずほ銀行のカードローンは、みずほ銀行の口座を持っていれば最短で当日中に融資を受ける事が出来ますが、口座を持っていない場合はローンカードが郵送で送られてくるので一週間掛かってしまいます。

※3 イオン銀行のカードローンBIGは、イオン銀行の口座を持っていれば最短で当日中に融資を受ける事が出来ますが、口座を持っていない場合はローンカードが郵送で送られてくるので4日程掛かってしまいます。

※4 ただし申込の曜日や時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。

3秒審査とは?

消費者金融で行われている3秒審査とは、本審査の前に審査を通過することが出来るのか仮審査を行うことです。基本的には、仮審査で通過出来ない方は本審査を通過する事は出来ないので1つの目安になります。3秒審査では主に生年月日、年収、現在の借入金額を入力して診断を行います。

⑩じぶん銀行と他社の借入方法、具体的な借入方法、手数料の比較

じぶん銀行のカードローンは、借入方法が預金口座への振込またはATMから引き出す方法になります。他社のカードローン、キャッシングについて借入方法、手数料をまとめてみました。

業種 会社名・サービス 振込キャッシングの申込方法(手数料無料) ATM手数料 
銀行 じぶん銀行 スマートフォン
パソコン
電話
無料
業種 会社名・サービス 振込キャッシングの申込方法(手数料無料) ATM手数料
銀行系 みずほ銀行カードローン スマートフォン
パソコン
電話
無料
楽天銀行スーパーローン スマートフォン
パソコン
電話
無料
イオン銀行カードローンBIG スマートフォン
パソコン
電話
無料
消費者金融 アコム スマートフォン
パソコン
電話
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
プロミス スマートフォン
パソコン
電話
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
モビット スマートフォン
パソコン
電話
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円

各社を比較してみると、振込手数料は各社とも無料になっています。ATMの利用料については、銀行系は無料ですが消費者金融は手数料が必要になります。

じぶん銀行の振込でのキャッシング(借入)

じぶん銀行のカードローンは、自分の口座に振込をしてもらい借入が出来る振込キャッシングが可能です。
手続き方法は3つの方法があります。

1.スマートフォンからじぶんローン取引サイトへ行って申込み
2.パソコンからじぶんローン取引サイトへ行って申込み
3.じぶん銀行のテレホンバンキング(ローンセンター)へ電話をして申込み

じぶん銀行のカードローンは、自分名義の口座へ振込をしてもらい、借入する事が出来ます。振込手数料は無料です。振込サービスは原則として24時間365日ご利用が出来ます。ただし、毎週月曜日1:00~5:00、毎月第2土曜日21:00~翌7:00はシステムメンテナンス時間になりますのでご利用が出来ません。

じぶん銀行のATMでのキャッシング(借入)

じぶん銀行のカードローンは、提携ATMで借入する事が出来ます。利用時間や利用回数に限らず手数料は無料です。ATMサービスは原則として24時間365日ご利用が出来ます。ただし、毎週月曜日1:00~5:00、毎月第2土曜日21:00~翌7:00はシステムメンテナンス時間になりますのでご利用が出来ません。

じぶん銀行では、ローンカードの不正使用を防止する為、1日あたりのATM借入上限額を設定しているので安心が出来ます。

⑪じぶん銀行のおまとめローン(他社のおまとめローンと比較)

じぶん銀行のカードローンは、他社の借入をおまとめローンで1つにまとめる事が出来ます。ここでは、他社のおまとめローンと比較をしてみました。

業種 おまとめローン名 限度額 金利
銀行 じぶん銀行カードローン 10万~800万 2.4~17.5%
業種 おまとめローン名 限度額 金利
銀行 三菱東京UFJ銀行バンクイック 10万~500万 4.6~14.6%
東京スター銀行おまとめローン 30万~1000万 5.8~14.8%
消費者金融 プロミスおまとめローン 1万~500万 4.5~17.8%
アイフルおまとめローン 1万~300万 12.0~15.0%

じぶん銀行のカードローンでおまとめローンを行った場合と他社のカードローンやキャッシングでおまとめローンを行った場合、どちらがお得になるかと言えば、金利の低い銀行系のおまとめローンの方が利息の総額を抑える事が出来ます。

おまとめローンを検討する時は、それぞれの銀行や消費者金融の公式ホームページにシュミレーションが出来るようになっているので実際に計算して参考にしてみてください。そして無理のない返済計画が立てられるようにおまとめローンを上手に活用してみてください。

⑫じぶん銀行と他社の無利息期間比較

じぶん銀行のカードローンは、利息が無しで借入出来る期間はあるのでしょうか?ここでは、他社の無利息期間と比較してみました。

業種 会社名・サービス名 無利息期間
銀行 じぶん銀行 なし
業種 会社名・サービス名 無利息期間
銀行系 セブン銀行カードローン なし
楽天銀行カードローン なし
三井住友カードゴールドローン なし
レイク 契約日の翌日から30日間(全借入額)
契約日の翌日から180日間(借り入れの内5万円まで)
※どちらか一つを選べます
消費者金融 プロミス 契約日の翌日から30日間
※要メールアドレス登録とWEB明細利用
アコム 契約日の翌日から30日間(時期により実施)

じぶん銀行のカードローンや他社の銀行系カードローンは無利息期間はありません。消費者金融の場合は、無利息期間を設けているところが多くあります。無利息期間中は、利息が掛からないので仮に借入したお金を無利息期間内に返済出来れば利息は1円も掛かりませんのでとてもお得なサービスです。

消費者金融の中でも、アイフルやモビットなどの様に無利息期間を設けていないところもありますので消費者金融で借入を検討している方は、公式ホームページなどで調べてから利用することをおすすめします。

⑬じぶん銀行と他社の返済方法比較

じぶん銀行のカードローンの返済方法と他社のカードローン、キャッシングの返済方法について比較してみました。

業種 会社名・サービス名 返済期日 スマートフォン・パソコンから返済出来る銀行 ATM手数料
銀行 じぶん銀行

35日ごと
毎月指定日、自分で決めれる

なし 無料
業種 会社名・サービス名 返済期日 スマートフォン・パソコンから返済出来る銀行 ATM手数料
銀行 イオン銀行カードローン

7日(口座引落)

イオン銀行 無料
楽天銀行カードローン

1日
12日
20日
27日(口座引落)

楽天銀行 無料
三井住友カードゴールドローン

5日
15日
25日
月末(口座引落)

三井住友銀行 無料
レイク

毎月指定日自分で決めれる)

三井住友銀行
りそな銀行
楽天銀行
ゆうちょ銀行
無料
消費者金融 プロミス

5日
15日
25日
末日

三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
ジャパンネット銀行
みずほ銀行
楽天銀行
1万円未満:108円
1万円以上:216円

※プロミス・三井住友銀行ATMでは無料
アコム 35日ごと
毎月指定日自分で決めれる)
三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
1万円未満:108円
1万円以上:216円

じぶん銀行のカードローンや銀行系のカードローンは、スマートフォンやパソコンからの返済は基本的に自社の銀行のみ返済が可能になります。それに比べて消費者金融のキャッシングではそれぞれ提携している銀行でも返済することが出来るので便利です。

じぶん銀行の返済期日(毎月の返済をしなければならない日)

じぶん銀行のカードローンを返済する場合、毎月指定日のご返済または35日ごとの返済になります。また、お金に余裕がある時は臨時返済する事も可能になります。

じぶん銀行で借りたお金をATMで返済する方法

じぶん銀行で借りたお金をATMで返済する場合、以下のATMから返済することが出来ます。

・三菱東京UFJ
・セブン銀行
・イーネットATM
・ローソンATM

上記のATMであれば、24時間365日いつでも手数料無料で返済する事が出来ます。

じぶん銀行で借りたお金を口座振替(自動引落)で返済する方法

じぶん銀行で借りたお金を口座振替(自動引落)で返済したい場合、三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っていれば口座振替の利用が可能です。最低返済単位は1円単位で返済が出来ます。引き落とし日は自分で決める事が出来ます。

じぶん銀行で借りたお金を銀行振込で返済する方法

じぶん銀行で借りたお金を銀行振込で返済する場合、じぶん銀行名義の口座へお振り込みで返済する事が出来ます。最低返済単位は1円単位で返済が出来ます。返済日は毎月指定日の返済または35日ごとの返済になります。

※振込先口座

じぶん銀行 本店(店番 001)

普通預金口座 0000646 カ)ジブンギンコウ

※振込手数料は有料となります。

じぶん銀行で借りたお金をスマートフォン・パソコンで返済する方法

じぶん銀行で借りたお金をスマートフォンやパソコンで返済することは出来ませんので注意してください。

⑭じぶん銀行と他社の返済方式比較

じぶん銀行のカードローンの返済方式と他社のカードローン、キャッシングの返済方式について比較してみました。

業種 会社名・サービス名 返済方式
銀行 じぶん銀行 残高スライドリボルビング
業種 会社名・サービス名 返済方式
銀行 イオン銀行カードローン 残高スライド元利均等返済方式
楽天銀行カードローン 残高スライドリボルビング
三井住友カードゴールドローン 残高スライド元利定額
レイク 残高スライドリボルビング
元利定額リボルビング
消費者金融 プロミス 残高スライド元利定額返済
アコム 定率リボルビング

カードローンやキャッシングの返済方式は各社で異なります。それぞれの返済方式について説明したいと思います。

残高スライドリボルビング方式

残高スライドリボルビング方式とは、毎月の返済金額が借入残高に合わせてスライドしていく方式です。残高スライドリボルビング方式は主に3通りの方式に分けられます。

残高スライド元金定額リボルビング方式

元金(借入残高によってスライド)+利息

残高スライド元利定率リボルビング方式

元金(借入残高×定率(残高によってスライド)+利息

残金スライド元利定額リボルビング方式

元金と利息(借入残高によってスライド)

残高スライド元利定額リボルビング方式の特徴は、毎月の返済額が比較的把握出来ます。借入残高が減ると毎月の返済額も減っていきます。ただし返済期間が長くなりやすいので利息の負担が大きくなります。

元利定額リボルビング方式

元利定額リボルビング方式とは、利息返済分と元金返済分を合わせた毎月の返済額が一定金額になっている返済方法です。毎月の返済額が一定である為、毎月の支出を把握しやすいです。ただし、借入残高の多い時期は元金が減らない為、返済期間が長くなり返済総額が多くなる傾向にあります。

定率リボルビング方式

定率リボルビング方式とは、借入残高に応じて一定の割合(定率)をかけることで毎月の返済額を決める方式です。定率リボルビング方式は主に2通りの方式があります。

元利定率リボルビング方式

借入残高に一定の割合(定率)をかけた返済方式

元金定率リボルビング方式

借入残高に一定の割合(定率)をかけた元金と借入残高に実質年率をかけた利息を足した返済方式

定率リボルビング方式は、借入残高が多い時は返済金額が多く借入残高が減っていくにつれて毎月の返済額も減っていきます。残高スライド元利定額リボルビング方式と同様に返済期間が長くなりやすいので利息の負担が大きくなります。

じぶん銀行の借入残高に応じた最低返済金額表

借入残高 各回の返済額
借入利率9%以下 借入利率13%未満 借入利率13%以上
10万円以下 1,000円 1,500円 2,000円
10万円超~20万円以下 2,000円 3,000円 4,000円
20万円超~30万円以下 3,000円 4,500円 6,000円
30万円超借入残高が10万円増すごとに 1,000円を追加 1,500円を追加 2,000円を追加

じぶん銀行のカードローンは最低返済額が1,000円からとなり、他の銀行系カードローンや消費者金融のキャッシングと比較しても安い返済額となっています。ただし、返済額が少ない為、元金が減りにくいので返済期間が長くなってしまい、利息を多く支払わなければなりません。お金に余裕がある時はまとめて返済する様にしてください。

⑮じぶん銀行と他社の店舗数比較

じぶん銀行の店舗数と他社の店舗数を比較してみました。

業種 会社名・サービス名 有人店舗数 自動契約機数
銀行 じぶん銀行
業種 会社名・サービス名 有人店舗数 自動契約機数
銀行 イオン銀行カードローン 137
楽天銀行カードローン
三井住友カードゴールドローン 441 719
レイク 34 791
消費者金融 プロミス 18 1161
アコム 39 1112

じぶん銀行でカードローンを利用する場合、有人店舗や自動契約機はありません。何か知りたいことがあればインターネット上で調べたり電話で問い合わせる必要があります。楽天銀行もじぶん銀行と同様にインターネット銀行なので有人店舗や自動契約機はありません。

消費者金融は銀行のカードローンに比べて有人店舗や自動契約機が多くあるので何か困りごとがあれば直接聞く事が出来るのでとても便利です。

その他 じぶん銀行カードローンの特典など

じぶん銀行のカードローンは、auユーザーの方が利用すればとてもお得な特典があります。

誰でもコース

auの携帯電話を利用している方なら誰でも年0.1%金利を優遇することが出来ます。

借り換えコース

auの携帯電話を利用している方なら誰でも年0.5%金利を優遇することが出来ます。

限度額 通常の金利 誰でもコース 借り換えコース
710万~800万 2.4%~3.5% 2.3%~3.4% 1.9%~3.0%
610万~700万 3.5%~4.5% 3.4%~4.4% 3.0%~4.0%
510万~600万 4.5%~5.0% 4.4%~4.9% 4.0%~4.5%
410万~500万 5.0%~6.0% 4.9%~5.9% 4.5%~5.5%
310万~400万 6.0%~7.0% 5.9%~6.9% 5.5%~6.5%
210万~300万 7.0%~9.0% 6.9%~8.9% 6.5%~8.5%
110万~200万 9.0%~13.0% 8.9%~12.9% 8.5%~12.5%
10万~100万 13.0%~17.5% 12.9%~17.4% 12.5%※1

※1 限度額は100万円の場合のみ

じぶん銀行のカードローンでauの限定割を利用する条件は2通りです。
・申し込み時にauIDを登録する
・登録するauIDに利用中のauの携帯電話や固定通信サービスを設定する

WALLETポイントが貯まる

じぶん銀行のカードローンの返済を、自動引落で支払うと毎月10ポイント貰う事が出来ます。
年間最大で120ポイントになります。auのWALLETポイントは、提携先のコンビニやレストランなどで利用する事が出来ます。

じぶん銀行のカードローンのまとめ

じぶん銀行のカードローンについて項目別に紹介してきましたが、じぶん銀行のカードローンは6つのメリットがありました。特に、auユーザーの方が利用すれば金利の優遇が出来てとてもお得に利用出来るのではないかと思います。特に他社のカードローンやキャッシングから借り換えを行えば年率0.5%の金利が優遇されますので、条件が当てはまっている方は、今すぐにでも手続きを行ってください。

じぶん銀行のカードローンは、ATMの手数料が完全に無料なところも大きなメリットになります。消費者金融では金額に応じて手数料が掛かる場合もあります。借入や返済の度に手数料が掛かってしまうと大きな負担になってしまいます。じぶん銀行のカードローンは24時間365日いつでも手数料は無料ですので安心して利用してください。

じぶん銀行のカードローンは安定した収入があれば主婦やパート、アルバイトの方でも申し込みは可能ですので利用を検討している方は是非申し込みをしてみてください。

じぶん銀行カードローン
http://www.jibunbank.co.jp/pc/ld/loan2/

すぐ借りれる・低金利で借りれるカードローン・キャッシングランキング

カードローン・キャッシングは様々な種類があり、どれが一番自分にあっているかわかりにくいものです。そこで当サイトが

  • ・金利が安い
  • ・スマートフォンだけで借りれる
  • ・最短1時間程度で借りれる
  • ・他社で借りていても借りれる

といった要素を満たしたカードローン・キャッシングをまとめました。

ぜひ参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です