失敗から学ぶ!法人用クレジットカード5つのメリットと審査を通すコツ

☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

法人用のクレジットカードを持っていらっしゃる方はまだまだ少数派ですが、持っていないともったいないといっても過言ではないくらい非常に便利なサービスです。

具体的なメリットを上げると、

  1. 自動的に経費計上できる
    →税理士に領収書を送らなくても済みますし、社員の方も建て替えなどの手間が省けます
  2. 支払いを電子データでカンタンに残せる
    →PCでもスマートフォンでも確認できます。どこでいくら使ったか一目瞭然です
  3. 保険で様々なことがカバーできる
    →出張時や備品購入までカバーできます
  4. 支払いの一本化により、キャッシュフローが改善される
    →月末締め、翌月の下旬払いがほとんどですので1ヶ月から2ヶ月程度支払いまで余裕ができます
  5. 管理レポートで経営上の分析が簡単にできる
    →一目でどの分野に経費が使われているかわかるようになります

といったことが上げられます。

しかし、法人用クレジットカードも間違った使い方をすると問題を招いてしまうケースもありますので、失敗事例なども踏まえながら法人用クレジットカードの正しい使い方もまとめました。

自社にあったクレジットカードを選ぶ前にぜひ本記事をご一読しておくことをオススメします。

スポンサーリンク

1312-%e3%83%8a%e3%83%93%e3%83%8a%e3%83%93%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0300x250-04

①法人用クレジットカードを使って失敗したケース

credit-card-1591492_960_720

法人用クレジットカードを持つメリットの前に、まずは避けておきたい失敗例を学ぶことで事前に対策を練っておきましょう。

1:法人用クレジットカードで支払ったものが経費として認められなかったケース

基本的に法人用クレジットカードで支払ったものはそのまま経費として認められますが、何でもかんでも法人用クレジットカードを利用してしまい、私的なものへの支払に当てたということで税務調査の時に追徴課税を取られたケースがよく報告されます。

会社に必要ないものを購入する時や個人的な飲み会などでは個人のクレジットカードを利用するか、法人用クレジットカードで支払った後にパソコンやスマートフォンから経費として申請しない分を分けるようにしましょう(パソコンやスマートフォンから簡単にできます)。

2:部下が個人的な支払いに当ててしまったケース

数人~数十人くらい社員がいる企業であるケースなのですが、法人用クレジットカードで個人的な買い物に使われてしまうケースがあります。

経理もその社員が兼ねていたりすると数百万円もの損害になってしまったという話もあります(横領罪にあたります)。

法人用クレジットカードを使う社員と経理の社員は必ず分けるようにした方が無難です

参考:法人用クレジットカードを悪用して3億円を横領。キャバクラ大豪遊 三菱製鋼元エリートの実態

 

②法人用クレジットカードを持つべき5つのメリット

online-marketing-1427787_960_720

本記事の冒頭でも紹介しましたが、法人用クレジットカードをメリットを詳しくご紹介していきます。

1:自動的に経費計上できる

法人用クレジットカードで支払いをすることによって、領収書を税理士に送ったり経理に提出する手間を省くことができますので、自動的に経費計上できます。

個人のクレジットカードで会社の支払いを兼ねていると、どの支払いが会社の経費に当たるのかわからなくなってしまうケースがあり、無駄な税金を払ってしまう可能性もあります。

経理担当や税理士に毎回、使途や個人的な支払いとの確認をする手間が省けるのも大きなメリットです。

2:支払いを電子データでカンタンに残せる

「領収書や請求書を集めて帳簿を作る」という手間が大幅に削減できます。

インターネット上でいつでも支払いを管理することができますし、なにより経理社員の人件費や手間を削減することができます。

特にクラウド会計ソフトと法人用クレジットカードを連動させると自動的に経費として計上してくれます。

参考:青色申告を劇的にラクにする方法まとめ!クラウド会計ソフトとクレジットカードを活用して、面倒な帳簿作成の手間を削減しよう。

3:保険で様々なことがカバーできる

法人用クレジットカードも個人のクレジットカードと同じように様々な保険がついています。

代表的な法人用クレジットカードであるオリコビジネスカードゴールドの場合は

  • 海外旅行傷害保険(最大2000万円)
    →海外旅行中(出張中も適応)の怪我や病気、盗難でかかった費用を補償
  • 国内旅行傷害保険(最大1000万円)
    →国内旅行中(出張中も適応)の事故での死亡や怪我を補償
  • ショッピングガード(年間最大100万円)
    →買った商品が90日以内に偶然、破損や盗難になってしまった場合補償

といった充実した保険内容になっています。

この保険は代表者だけでなく、クレジットカードをもたせた社員にも適応されますので別で保険で出張時の保険に入る必要はない企業もあるでしょう。

4:支払いの一本化により、キャッシュフローが改善される

法人用クレジットカードも個人のクレジットカードと同じように締め日から引き落とし日まで最短でも25日程度、長ければ2ヶ月近くかかります。

※締め日と引き落とし日は業者によって異なる。この例はオリコビジネスカードゴールドの場合

※締め日と引き落とし日は業者によって異なる。この例はオリコビジネスカードゴールドの場合。

5:管理レポートで経営上の分析が簡単にできる

これはアメリカンエクスプレスビジネスカードだけのサービスですが、3ヶ月に一度どのように経費を使ったのかをわかりやすい表にして送付してくれるサービスがあります。

参考:四半期管理レポート(登録制) – アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

 

③創業したてでも、個人事業主でも、赤字決算でも審査を通してクレジットカードを作るコツ

gahag-0107974649-1

一般的に黒字決算で3年目の決算が終わってからではないとクレジットカードの審査には通らないと言われていますが実はクレジットカード会社の審査基準としてそういったものがありません。

クレジットカードを発行して貸し倒れなどのトラブルがないと判断されれば審査には通るのです

ではどのようにアピールすれば審査に通るのでしょうか?

1:個人事業主の場合は個人事業主専用カードを申し込む

法人でも個人事業主でも作れるクレジットカードよりも個人事業主の場合は個人事業主専用カードに申し込んだ方が審査に通過しやすいです

それに加えて、個人事業主で事業を行っていてから法人にステップアップした場合、実績のある個人事業主に方がクレジットカード審査に通る場合もあります。

法人にしてからクレジットカードを作るのではなく、個人事業主のうちからまずは申し込んでみることが大切です。

2:固定電話を引く

創業時には携帯電話で十分かもしれませんが、固定電話を引いておくことは審査においてとても有利になります。

今は初期費用0円、月々800円程度から固定電話は引けますので、固定電話はほとんど負担になりません。

もし電話応対を代行したいなら月々5000円から下記のようなサービスもありますので、法人用クレジットカードを申し込む前にどちらかを検討しましょう。

【 電話代行 】 月額5000円でここまで!? 驚きのサービス内容とは?

3:企業サイトを作る

どの会社も企業サイトを持っているのが当たり前の時代ですので、審査の際にしっかりとした企業サイトを持っているのかは必ずチェックされます。

昔は企業サイト1つ作るのに数十万円かかっていましたが、現在なら月々945円で企業サイトをカンタンに作れます。

参考:月々945円からもつ自社サイト作成ソフト【Jimdo】独自ドメイン可

最低限、

  • 事業内容
    →特に今までの実績などが大事です。店舗の写真や商品の写真、仕事風景の動画などあるとよりよいでしょう。
  • 会社概要
    →会社名、住所、代表者氏名、資本金、設立年月日、電話番号、営業時間を記載しておきましょう。
  • お問い合わせフォーム
    →上記のサービスであるJimdoならカンタンに作れますので問題ありません。

くらいあれば問題ありません。

審査をするクレジットカード会社からすると「しっかりとした実態がある会社なのか?」ということを非常に気にしています(昨今は架空会社などのトラブルも増えているため)。

そのため、企業サイトは最低限もつようにしましょう。

④ニーズ別おすすめ法人用のクレジットカード

とても便利な法人用のクレジットカードですが、ニーズ別にオススメのカードをまとめました。

審査が不安な法人、個人事業主にオススメなオリコエグゼクティブゴールドフォアビズ

785-300x250

とりあえずなんでもいいから法人用のクレジットカードを持ちたいという方は、オリコエグゼクティブゴールドフォアビズをオススメします。

保険などの最低限の法人用のクレジットカードの特典は初年度年会費無料で、2年目以降はたったの2000円。

最初の一枚としてオススメのカードです。

オリコエグゼクティブゴールドフォアビズ
http://www.orico.co.jp/cardorder/lp/af/exbiz/index.html

ステータス、サポート重視ならアメリカンエクスプレスビジネスカード

%e3%82%a2%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%82%ab%e3%83%b3%e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%b9%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89

年会費は高く(グリーンカードで12000円、ゴールドカードで26000円)、ポイントの還元率もあまり良くないですがステータスとサポートの充実具合ならアメリカンエクスプレスのビジネスカードの右に出るものはいません。

ざっとアメックスだけのサービスをあげると

  • ビジネスセービング
    →経費の見直しをしてくれるサービス
  • ビジネスコンサルティングサービス
    →船井総合研究所の経営コンサルタントを紹介してくれるサービス。セミナー参加料金が無料のところも
  • ビジネス交流サービス
    →ゴルフやワイン、オペラなど予約を優先的にしてくれる
  • ヘルスケア無料電話相談
    →生活習慣などの健康管理のアドバイスをくれる
  • 四半期管理レポート
    →3ヶ月に一度、どのようなジャンルにお金が使われたかひと目でわかるレポートを送ってくれる
  • キャンセルプロテクション
    →予定していた出張をキャンセルした時のキャンセル料を補償してくれるサービス

などのアメリカンエクスプレスだけのサービスがあります。

ちなみにアメリカンエクスプレスはJCBが使える場所だったらどこでも使用可能なので、支払いができないということも少ないです。

少しくらい年会費が高くても充実したサービスが欲しい、やはり支払いをする時はスマートにステータスのあるカードで支払いたいという方はアメリカンエクスプレスビジネスカードをオススメします。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
https://www.americanexpress.com/japan/contents/benefits/product/gold-business/

まとめ 思っている以上にはクレジットカードの審査は厳しくない

お金の天使
法人用のクレジットカード、メリットいっぱいですね。

失敗事例は怖いですが、事前に知っておくことで失敗は防げそうです。

お金の神様
そうだね。個人のクレジットカードと同じように利用者にとってはデメリットは非常に少ないので、法人用のクレジットカードは持っておいたほうがいいだろう。

気になるのは審査だけれど、個人のクレジットカードで延滞などをしていなければほとんど問題ないとはいっても過言ではない。

まずは申し込んでみると思ったよりもすんない審査が通ると思う人が多いと思うよ。

お金の天使
わかりました。

まずは申込をしてみます。万が一ダメでもまた1年後くらいに申し込めばいいだけの話ですもんね。

お金の神様
その通り!

まずは第一歩を踏み出してみることをおすすめするよ!

お金の神様
法人用のクレジットカード、事業主の方なら1枚はもっておきましょう。

こんなに便利でメリットいっぱいのサービスもそうそうないですよ。

スポンサーリンク

1312-%e3%83%8a%e3%83%93%e3%83%8a%e3%83%93%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0300x250-04

すぐ借りれる・低金利で借りれるカードローン・キャッシングランキング

カードローン・キャッシングは様々な種類があり、どれが一番自分にあっているかわかりにくいものです。そこで当サイトが

  • ・金利が安い
  • ・スマートフォンだけで借りれる
  • ・最短1時間程度で借りれる
  • ・他社で借りていても借りれる

といった要素を満たしたカードローン・キャッシングをまとめました。

ぜひ参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です