お金の神様運営チームがライターの方にお願いしたい事

☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

この度はお金の神様のライターとして応募していただきありがとうございます。

どこよりも良い記事は多くの人の人生を幸せにするきっかけを作ることができますし、お金の神様のライターとして1人前になることができればインターネット上で物を売ること、お金を稼ぐこともできるようになります。

大変な仕事ですが、お金、経済の分野でお金の神様を日本一のサイトにするために力を貸してください。

ここでは操作方法などをマニュアルとして残していこうと思っています。ルールなどもあるので熟読をお願いします。

?仕事の流れ

クラウドワークスにも書いてありますが、再度仕事の流れを書き込んでおきます。

1:狙ったキーワード(2語?3語)を検索をして、Google検索結果の1?20位までを徹底的に読み込み、関連する本も数冊読み、記事設計図(フォーマットあり。)を作る。

お金の神様 記事設計図

お金の神様 記事設計図 具体例

2:記事設計図を私宛に送る。

3:私が記事設計図をチェックする(多少修正する可能性あり)。

4:記事設計図のチェックが終わったらGoogle検索結果の1?20位のどの記事よりも圧倒的に良質な記事を書く。もちろん読んだ本も参考にし、中学1年生でも理解できる文章にする

5:図表やイメージ写真、図解、箇条書きの工夫などを徹底的に行い、最後まで読みたくなるような構成にする(5とほぼ同時並行)。

6:書き終えたら、私に連絡。

7:私が記事を見て修正などを指示(ない場合もあります)。

8:私がコピペチェックをして、報酬発生。 ?

?文章の構成や書き方について

お金の神様の記事はなるべく統一感を出すために、下記のような文章構成を採用しています。

基本的にライティングをする時は下記の画像の構成を意識してください。小見出しは見出し2にあたります。

2233991615_8b935dd77d

okane-kamisama.com

たった1記事で8万人に読まれる文章を書けるようになるライティング術をもとに構成を考えています。この記事はブログライティングの基礎とも言える考え方が詰まっていますので、ぜひ一度目を通してみてください。

見出しの使い方について

見出しは基本的に2,3,4だけ使うことになると思います。 見出し1はタイトルに相当するので使用しないでください。

ちなみにこの記事だと見出し2は

「?仕事の流れ」
「?文章の構成や書き方について」
「?記事タイトルについて」
「?ターゲティングについて」
「?最高のコンテンツ作りに必要なインプット」

になっており、「?文章の構成や書き方について」に付随する見出し3は

「見出しの使い方について」
「基本的に見出し2の下には画像か図表をいれる」
「文字の装飾は4つだけにする」
「です・ます調で書く。大人な文章にしたいのでなるべく「!」や「(笑)」などは使わない」

「?記事タイトルについて」に付随する見出し3は

「タイトルには必ず狙うキーワードを入れる」
「タイトルにはなるべく数字を入れる」
「タイトルで役立つことを伝える」
「タイトルでは伝えるべき情報を一つに絞る」

「?ターゲティングについて」に付随する見出し3は

「私のターゲティングをする際の考えの流れ」

「?最高のコンテンツ作りに必要なインプット」に付随する見出し3は

「Googleに認識されているコンテンツで読まれているのはたったの4%」
「500%のクオリティを出すために必要なことは圧倒的なインプット」

「お金の神様のライターさんにお願いしたいインプット」

となっています。

基本的に見出し2の下には画像か図表をいれる

これは私の好みと、参考にしているENJIOUT(エンジアウト)おすすめ情報ブログ ENJILOG(エンジログ)を真似しているのですが、見出し2の下に画像か図表を入れるようにしています。

これはデザイン的な意味合いや、目を引くというアイキャッチ的な意味合い、そして文章を視覚で訴えかけるという意味合いがあります。

写真や図表は多すぎてもダメですが、見出し2の下に必ずいれるくらいにしておくとバランスがいいのではないかと個人的に思っています。

もちろんユーザーのためになるのであれば、途中で写真や図表を入れるのはOKです。

写真の選び方などに関してはブログの魅力を120%UPするフリー素材写真の上手な探し方が非常に参考になります。

ちなみにこのブログには上記記事でも紹介されている「Flickr ? Pick a Picture」を入れていますので、適宜使ってください。

写真はフルサイズでリンクはなし、配置もなし

メディアの場合

flickr-Pick a pic の場合 写真はフルサイズでリンクはなし、配置もなしで統一してください。基本的に横長の写真推奨です。

文字の装飾は4つだけにする

お金の神様では、文章の装飾は4種類に統一させてもらっています。

?お金の神様 (太字のみ)

?お金の神様 (太字+背景色黄色)

?お金の神様 (太字+テキスト色赤)

?お金の神様(太字+テキスト色赤+フォントサイズ24px)

下に行けば行くほど強調したいと考えてください。

です・ます調で書く。大人な文章にしたいのでなるべく「!」や「(笑)」などは使わない

中学1年生でも理解できる文章にして欲しいのですが、中学1年生が好む文章、中学1年生が書きそうな文章を書いてほしいわけではありません。

お金の神様というブログタイトルにふさわしい大人な文章を書いてください。

?記事タイトルのキャッチコピーについて

記事タイトルと見出し2はブログ運営をしていく中で非常に重要です。

「タイトルを変えるだけで、アクセスが2倍になった」という話は日常に溢れていますし、お金の神様のブログでは見出し2が目次として表示されるようにしています。

タイトルを考える時のポイントと見出し2の使い方、考え方をお伝えしていきます。

タイトルには必ず狙うキーワードを入れる

キーワードプランナーで見つけた狙うキーワードを必ずタイトルに入れてください

設計図の具体例では狙うキーワード「お金を増やす」で、タイトルが「人生を楽しく自由するために!賢く時間とお金を増やす最良の方法」となっています。

タイトルにはなるべく数字を入れる

広告業界では、数字を入れると反応率が上がるというのは非常によく知られています。

ただどうしても数字はなかなか入れられない時もありますので、なにがなんでも数字をいれようとは思わないでください。

『成功する人の習慣』と『成功する人の7つの習慣』 どちらのタイトルがわかりやすく魅力的に思いますか?

タイトルで役立つことを伝える

読者はタイトルを一目見て、【自分がこの記事を読む価値が有るのか】ということを判断しています。

読者は悩みの解決策や、望みを叶える方法を求めているのです。

具体的には『〜の方法』『〜のテクニック』『〜の秘訣』などの書き方がわかりやすいでしょう。

タイトルでは伝えるべき情報を一つに絞る

タイトルは32文字以内につけなければなりません

32文字ではすべてを伝えることができないので、タイトルでは伝えたい事を一つに絞りましょう。 最も重要な点を伝えることが大事です。

よりタイトルを勉強したい場合は「10個の実例から学ぶ!読まれるブログ記事タイトルの6つのルール」を読み込むことをおすすめします。

?見出し2のキャッチコピーについて

見出し2についても上記のタイトルの考え方とほぼ同じです。タイトルを見てクリックして、サイトに来て目次をみて面白そうなところ、自分に合いそうなところを読んでいくのです。

特にGoogleは見出し2のキーワードも重視していますので、多少なりとも見出し2にもキーワードを盛り込むことを考えてください。解説を加えていきます。

見出しを見ただけで内容が分かるようにすること

WEBユーザーの中には、最初にページにアクセスした時に一度ページの一番下までスクロールして全体の内容を理解しようとする人も少なくありません(そのために目次をつけています)。

そうやってスクロールした時に「おっ、これは気になるから読んでみよう」というようなひっかかりがなければ、そのユーザーはそのままページから離脱してしまいます。

その状況を防ぐために有効なのが、見出しを見ただけで全体の内容が分かるようにすることです。

見出し2のうち、どれか一つででも「おっ、これは気になる」とユーザーに思ってもらえれば、それをきっかけにして記事全体を読んでもらえるかもしれません。

このように見出し2は、本の目次のように考えて設定しましょう。

見出しは文の形にしないこと

上述したように、見出しは一瞬読み流した時に「おっ、これは気になる」と思って立ち止まり、読み進めてもらえるように促す役割があります。そのような場合、どれだけ魅力的な見出しだとしても、文字数が多いと、引っかかる前に読み飛ばしてしまう可能性が高いです。

つまり、見出し2は短い方が目に留まりやすいということです。

見出しを短くするには、見出しは文の形ではなく、最後は名詞でおわる文言を考えるのが有効です。参考までに以下の2つの文言を見比べてみてください。

  • なぜWordPressがSEOに強いのか?
  • WordPressがSEOに強い理由

後者の方が、具体的で興味を持ってもらいやすく、なおかつ前者より文字数も少ないです。 このように、見出しは魅力的かつ、流し読みする人が一瞬で内容を把握できる程度の短さになるように、常にこころがけましょう。

※より効果的な見出しを作りたないならコピーライティングも学びましょう
見出しにどのような文言を設定したら効果的かという議論に関しては追求すればするほどキリがありません。
しかし、さらに多くの人に自分が作るコンテンツに触れてもらいたい場合は、コピーライティングのテクニックもとても有効です。できればバズ部の『コピーライティング初級講座』にも目を通してみましょう。

?ターゲティングについて

基本的にブログにかぎらず、文章は「誰」に対して書くのか?ということを考えながら書くことが非常に大事です。

この「誰」を決めることがターゲティングです。

インターネット上の場合の基本的なターゲティングは、「狙うキーワードを検索するであろう人」になります。

私のターゲティングをする際の考えの流れ

例えばですが、必ずお金を貯める!貯金ができない人が年200万貯まる5つの方法(別サイトですが私が書いた記事です)の記事は「お金 貯める」で検索すると2位、「貯金 方法」で検索すると5位、出てくる記事です。

この記事の場合は「お金 貯める 方法」が狙ったキーワードでした(しかしこのキーワードだと8位)。 結果的に「お金 貯める」や「貯金 方法」でも上位表示ができたのは非常にラッキーです。

「お金 貯める 方法」で検索した人ってどのような人なのだろう?どんなことを考えているのだろう?どんな解決策を求めているのだろう?

ということを考えた結果、

?お金が貯まらない人
?お金をもっと貯めたい人
?現状、将来的な経済面で不安がある人

くらいのことが頭に浮かびました。こういう人たちに向けて記事を書こうと思った結果、「お金の貯め方を具体的にしっかりとレクチャーすれば、ユーザーが参考にしてくれるのではないか」と思い執筆にとりかかりました。

ただ、適当にお金を貯める方法を紹介するのではなく、その記事を読んだ人がそのお金を稼ぐ方法をやろうと思ったら

?具体的に行動できるくらいのことを書いた
?参考になるURLを貼ってもっと調べようと思ったらスムーズに飛べるようにした

ということは意識していました。 結果三ヶ月程度かかりましたが、「お金 貯める」で上位表示できました。 ??

?最高のコンテンツ作りに必要なインプット

お金の神様ではお金に関する最高のコンテンツを求めています。

先日、ただ書くことは人間の仕事、編集は神の仕事?広告を使わず、新しい市場を作り出し、1年半後も定期的にユーザーが読み返したくなる記事コンテンツの作り方?というセミナーに参加してきました。

Facebook元役員「プログラミングを学ぶのなら、生涯仕事に困らないことを私が保証しよう。」スターバックスCEOが毎朝4:30に起きる理由「21世紀の歴史は朝に作られる。」の記事を読んだことがある人も多いのではないでしょうか?この記事の著者である夏目 力さんのセミナーです。

そこでの内容を簡単にシェアします。

Googleに認識されているコンテンツで読まれているのはたったの4%

読まれる文章は氷山の一角

Googleに認識されている記事のうち、人にまともに読まれているのはたったの4%程度だそうです。

70%?80%の質で記事を書き続けても96%に埋もれてしまう可能性が非常に高く、時間の無駄になってしまう可能性が非常に高いのです。

そのため、記事を書くからには500%のクオリティで書くことにこだわり、4%の中に必ず入る記事にすることがとても大切だそうです。

500%のクオリティを出すために必要なことは圧倒的なインプット

500%のクオリティを出すために必要な考え方や、書き方、テーマの見つけ方など様々な内容でしたが、誰でも真似できるけど、誰もやらないことがあると話していました。

それが圧倒的なインプットだそうです。

例えば松本人志「笑いは人間だけが許された特権」1回の笑いでガン細胞が100個も消滅し、糖尿病も生活習慣病も治る。の記事を作るのに笑いに関する本を13冊も読んで、参考になる箇所をメモし、エッセンスを凝縮して執筆にとりかかるとのこと。

そのため、一つの記事にかける時間は30?35時間程度、朝から夜まで3日間か4日間かけてやっと1記事が仕上がるのだそうです。 ※ただし13冊は全文読んでいるのではなく、必要な箇所を探してそこを重点的に読み込むというレバレッジ・リーディングの手法をとっているそうです。

お金の神様のライターさんにお願いしたいインプット

お金の神様のライターさんに一つの記事に対して13冊の本を読んでくれというつもりはありません(もしそこまでしていただいて、最高の記事をかけるなら5万円くらいは払えますが、5万円でも割りにあわないかもしれません)。

しかし、最低でも自分が狙ったキーワードでGoogle検索した時に1位?20位に表示されるページくらいは読み込んで、記事に活かして欲しいのです。

記事の作成や編集力にもよりますが、500%とは言わないまでも200%のクオリティを目指してほしいなと思っています。 ?

まとめ

すべての目的はお金の神様に来てくれた方が満足することです。

お金の神様の記事を読んで、具体的な例でアクションできるな、なにをすればいいのかわかった、どう行動するべきかわかった、なんて言えばいいのかわかったと思ってくれると、満足してくれるはずです。

これが最高のコンテンツ、素晴らしい記事です。

今後もここにマニュアルや読んでほしいことは追加していきます。

すぐ借りれる・低金利で借りれるカードローン・キャッシングランキング

カードローン・キャッシングは様々な種類があり、どれが一番自分にあっているかわかりにくいものです。そこで当サイトが

  • ・金利が安い
  • ・スマートフォンだけで借りれる
  • ・最短1時間程度で借りれる
  • ・他社で借りていても借りれる

といった要素を満たしたカードローン・キャッシングをまとめました。

ぜひ参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です